がん治療のご相談は

がんメディカルサービスの

がん専門医療コーディネーターまで

24時間いつでもご連絡下さい。

無料相談予約

無料相談センターは株式会社GMSが出資しているサービスです。

がん無料相談センター東京
0120-309-332 電話受付時間:24時間365日有人相談受付 東日本にお住まいの方はこちらの番号へお掛け下さい
がん無料相談センター大阪
0120-209-332 電話受付時間:24時間365日有人相談受付 西日本にお住まいの方はこちらの番号へお掛け下さい
がん治療の無料相談センターでは、がんと診断されてお困りの方向けに症状や治療についてのご相談を無料で承っております。がん専門の医療コーディネーターが必要に応じて病院・クリニック選びのアドバイス、紹介、専門クリニックでのセカンドオピニオンのご予約を行います。上記よりご相談ください。なお当相談センターは、紹介先のクリニックのスポンサーシップにより成り立っています。

医療の知識がない方にも分かりやすい言葉で丁寧にお答えいたします。

がん治療の無料相談はこちらから
東日本にお住まいの方 がん無料相談センター東京
0120-309-332
西日本にお住まいの方 がん無料相談センター大阪
0120-209-332

がんの治療法には、保険診療で行う外科療法・抗がん剤・放射線治療の他にも、先端医療や自由診療として免疫療法やがん遺伝子医療などがあります。

 

まずは基本である標準治療の3つの治療法について解説していきます。

​外科療法(手術)

外科療法はメスでがん組織を丸ごと切り取る治療法です。

がん細胞を完全に切除できれば、完全に治すことが出来るのでもっとも直接的な方法です。

内視鏡を使った治療もできるようになり、胸やお腹を大きく切らなくても済むケースもあります。

転移のないがんに対しては効果的ですが、転移が一つでもあると基本的に手術が選択出来なくなります。

​抗がん剤(化学療法)

抗がん剤治療は身体の部位ほぼ全てのがん細胞に効果がある治療法です。

手術と違い、血液のがんや複数転移したがんに対しても治療効果が期待できます。

効果が出てくる量と副作用が出る量が逆転していることがあり、脱毛や吐き気、嘔吐などに耐えながら治療を継続しなければならないこともあります。

白血病などを除くと抗がん剤だけでがん細胞をすべて死滅させることは難しく、進行を抑える目的や延命のために行うケースも多いです。

放射線治療

放射線治療は臓器を切り取らずにがん細胞を死滅させることが出来る治療法です。

手術によって散らばる可能性のあるがん細胞を殺すために手術前に治療を行なったり、切除しきれずに残ったと思われるがん細胞を殺し、再発の可能性を下げるために照射することもあります。

体への負担は手術よりも少ないケースがほとんどですが、それでも脱毛や嘔吐などの副作用は出ることがありますし、腫瘍の部位によっては放射線の効果が期待できない場合もあります。

​転移してない限局がんは生存率が高い傾向

初期のがんは手術が第一の選択肢

部位によって放射線だけで完治を目指せる

引用文献:

全国がん罹患モニタリング集計 2006-2008年生存率報告(国立研究開発法人国立がん研究センターがん対策情報センター, 2016)

独立行政法人国立がん研究センターがん研究開発費「地域がん登録精度向上と活用に関する研究」平成22年度報告書

がんが原発部位にとどまっており、周りの臓器に広がっていないがんを限局がんと言います。

手術により腫瘍を取り切ることが可能な場合が多く、適切な治療によって根治できる可能性が高いので、比較的に予後も良い傾向にあります

限局がんとは

がんが遠隔転移すると生存率が著しく低下する

保険診療では治療が受けられないケースも

医師によっては緩和医療やホスピスを勧めることもある

引用文献:

全国がん罹患モニタリング集計 2006-2008年生存率報告(国立研究開発法人国立がん研究センターがん対策情報センター, 2016)

独立行政法人国立がん研究センターがん研究開発費「地域がん登録精度向上と活用に関する研究」平成22年度報告書

遠隔臓器、遠隔リンパ節などに転移・浸潤があるものを遠隔がんと言います。

遠隔転移が起きていると手術による根治が見込めないので、標準治療だけで治すのは難しくなります。多くの場合が抗がん剤によって進行を抑えたり、痛みや苦痛を緩和する治療に移行します。

遠隔がんとは

治療の難しいがんには

三大標準治療+最先端医療の混合治療

がんは種類によって適切な治療方法が異なります。

がんの転移を抑えながらがん細胞の自然死を促すがん遺伝子医療、手術では摘出が難しい深部のがん病巣を集中的に狙い撃つ重粒子線治療、様々な角度から効率的にダメージを与える陽子線治療、がん細胞を選択的に破壊するホウ素中性子補足療法、免疫力を活性化させてがん細胞の増殖を防ぐ免疫細胞療法など、三大標準治療だけでなく今のがんの状態に合った最先端医療を適切に組み合わせることが治療の可能性を効果的に引き上げることに繋がるのです。

※ご紹介している治療法は公的医療保険が適用されない先進医療や自由診療となります。

がんのオーダメイド医療は進化を続けている

最先端のがん治療は分子や遺伝子の時代へ

 

最新のがん治療は、患者様個人のレベルで最適な治療方法を分析・選択する「プレシジョン・メディシン」という考え方が主流となりつつあります。

 

型にはまった治療法ではなく、最先端の技術を用いて細胞を遺伝子レベルで分析し、適切ながん抑制遺伝子のみを投与して治療を行うことも可能となりました。

 

がん細胞の性質を分子レベルで捉え、それを標的とする新しい抗がん剤もたくさん開発されています。

 

すでにがんを引き起こす遺伝子や、がんを抑制している遺伝子も数多く発見されているのです。

がん遺伝子医療がこれからのスタンダードとなり得る

 

がん遺伝子医療は、がん抑制遺伝子を体内に導入して治療を行う最先端の治療法です。

がん抑制遺伝子は正常細胞に悪影響を与えないので副作用もほとんどなく、ほぼすべてのがん患者様に対して治療を行うことができます。

 

再発や転移などの進行してしまったがんに対しても効果が認められており、他の治療との相乗効果も期待できます。

日本国内ではまだ治療を受けられる医療機関は数えるほどしかありませんが、これからのがん治療のスタンダードとなり得る治療法であると言えるでしょう。

体質に合わせて​負担が少なく効果的な治療を行う

 

がん治療に大切なことは患者様本人の負担をいかに減らすかということです。それは単純に治療の副作用に関してだけでなく、がん治療後の生活に支障が出ないような治療を行うことも含まれています。

それを実現するためには、患者様個人の体質やがんの性質を分析して、より効果的な治療を行うことが重要です。

 

しかしこれは同時に医療コストの増大を意味しており、全国民が適用である健康保険の承認は難しく、がん遺伝子医療や一定の分子標的薬などもまだ公的保険の適用外となっています。

各個人の体質を分析して効果の高い治療を行うには、自由診療や混合診療という選択も必要となってきます。

 

がん遺伝子医療は

転移がん・再発がん防止の切り札

​がん遺伝子医療はどうしてがんに効果があるのか

がん遺伝子医療のメカニズムは、がん細胞を破壊したり体内から取り除くことではなく、細胞の正常化を促します。

 

がんは遺伝子の損傷によって変異した細胞が増殖していくことで大きくなりますが、その変異した細胞の正常化を促したり、傷付いてしまった遺伝子を修復することでがんを体内から消していくのです。

 

細胞に攻撃を与えるわけではないため身体への負担も少なく、再発がんや転移がんに対しても有効な治療が行えます。

月に2~4回の点滴で効果を発揮する最新のがん抑制遺伝子

がん遺伝子医療は症状に応じて月に2~4回の点滴を行い治療します。

 

遺伝子医療ではウイルスベクターと呼ばれる「遺伝子の運搬役」に、がん抑制遺伝子を乗せてがん細胞に届けます。

 

国内で遺伝子医療を行っているクリニックの多くはアデノウイルスベクターやレトロウイルスベクターを使用していますが、安定して発現し血中細胞や造血管細胞への高効率導入が可能なレンチウイルスベクターを使用しているクリニックもあります。

 

どのベクターを選ぶかは医療機関によって異なりますが、最新のがん研究の結果を踏まえると、週1回の点滴でも効果が長く続き、安定して発現することからレンチウイルスベクターがもっとも効果的だと私たちは判断しています。

最新技術により実現した治療を受けるリスクの軽減

抗がん剤や放射線治療に副作用があるように、がん遺伝子医療にも少なからず副作用はあります。

 

遺伝子医療では遺伝子タンパクと呼ばれるタンパク質を体内投与するので、そのタンパク質に対してアレルギー反応が出ることがあります。

 

また副作用として発熱や血圧低下が起こる場合もありますが、解熱剤や少量のステロイドを投与することで、副作用はほぼ抑えることが出来ます。

 

しかし、もっとも恐ろしいのが旧型のウイルスベクターを用いた治療を行っているクリニックの場合だと白血病を誘発する可能性が高く、この危険性を十分に説明しないまま治療を行うケースさえあることです。

 

がんメディカルサービスが提携しているクリニックは、遺伝子医療の第一人者と言われるロー・フェン博士と提携を結び、改良を重ねて安全性を高めた最新のウイルスベクターを日本で独占的に使用しています。

 

もし日本国内で遺伝子医療を受けられる場合は、是非一度がんメディカルサービスにご相談下さい。

​がんの三大標準治療と併用することで相乗効果が期待できる

がん遺伝子医療は手術や抗がん剤治療、放射線治療と併用することでそれぞれ相乗効果が期待できます。

 

手術によって腫瘍を根こそぎ切除した場合でも、目に見えないレベルのがん細胞が体内に点在している可能性があります。

 

遺伝子医療は点滴による全身治療を行うので、そのような微細ながん細胞に対しても効果があり、がんの再発や転移の危険性を抑えることが出来ます。

 

抗がん剤は遺伝子医療と同じく全身に効く治療で、再発や転移の予防にも効果がありますが、がんが耐性を持ってしまうと効果が無くなってしまいます。

 

遺伝子医療は耐性にならないだけでなく、抗がん剤の耐性を改善することもあります。また遺伝子医療を併用することで抗がん剤の投与量を減らすことができれば、おのずと副作用も減っていきます。

 

さらに放射線治療によって傷付いたがん細胞は、アポトーシスなどのがん抑制遺伝子の指令を受けやすい状態になっています。

 

がん遺伝子医療は標準治療と合わせて治療を行うことでより効率的にがん細胞を縮小させることが期待できるのです。

​がんの種類を選ばずに治療ができる

がん遺伝子医療の優れた点として、がんの種類を選ばずに治療を行うことが挙げられます。

 

もともと、がんというのは遺伝子の異常が原因であり、その原因に対してアプローチを行う遺伝子医療は非常に理にかなった治療法だといえます。

 

また正常細胞に悪影響を与えないため、がんの進行具合を問わずに治療が行えます。

 

がんの予防から、術後の再発予防、再発治療、体力の減退した末期がんの患者様まで、どんな病期の方でも治療を受けられます。

 

さらに遺伝子医療はがん幹細胞と呼ばれる「がんの親玉」に対しても効果を表します。

 

がん幹細胞はとてもストレスに強く、放射線治療にも耐えて生き残ったり、抗がん剤に対しても耐性になることがよくあります。手術で取り残すと、必ずといっていいほどそこから再発してしまいます。

 

そんながん幹細胞に対しても有効な治療法が遺伝子医療なのです。

無料相談からご案内までの流れ

​がん専門医療コーディネーター紹介
代表取締役 兼 代表コーディネーター 竹内 規夫
がんの種類は患者様の数だけ存在すると考えます。一人ひとりに合わせた治療法を見極め、適切な治療が出来れば、がんは決して怖いものではありません。 患者様へ最適な治療方法をアドバイス出来るように常に最新の治療方法も含めて常に一層の成長を目指してまいります。 今後とも変わらぬご指導とご鞭撻を賜りますよう、心よりお願い申し上げます。
顧問 兼 熱血医療コンサルタント 吉川 佳秀
今では様々な先端医療技術が開発され、臨床試験などで結果を残しているものもあります。iPS細胞などはご存知の通り、臓器をゼロから作り出すことも夢ではなく、将来は悪い臓器と取り換えることも可能になるかも知れません。 この先、いろいろな術式や代替医療、体に傷をつけない治療などもどんどん開発され、ごく小さなカプセルに抗がん剤を入れてがん細胞を攻撃させるといったこともできるようになるでしょう。ただし、その治療が実現したとしても、それを知らなければ治療を受けることはできません。がん治療において大切なのは自身の「情報処理能力」を高め、自分の中に羅針盤を持つことなのです。
医療コーディネーター 関 裕司
医師は病気を治すことに最善を尽くしてくれる専門家でもあります。 しかし・・・患者様やご家族の中には 『先生が進めてくれる治療方法は正しいのだろうか?』 『他にいい病院、いい治療法があるのではないか?』 『こんなことを先生にお聞きしてもいいのだろうか?』 『自分の考えが先生に伝わらないまま治療方法が確定してるのではないか?』 私たちはこのような不安や悩みに様々な角度から解決の手助けや治療方法などをご提案できるように、また患者様やご家族が納得した治療が見つかることを重要視し、日々中立的な立場で相談をお受けいたしております。
加藤 洋子 医療コーディネーター
がんの宣告をされ気落ちの整理もつかないうちに色々な説明を受け、家に帰って何を聞いたのか何を話したのか、あまり覚えていない。 こんな話をよく聞きます。 日本には、手術をはじめ、抗がん剤治療、放射線治療の標準治療のほか、先進医療、先端医療、自由診療と多くの種類と多くの治療法が存在します。 インターネットなどをみて誤った情報に振り回され、多すぎる情報に困惑してしまったりもします。 私たちは患者様、ご家族側の立場に立って納得のいく治療方法や最適な治療法をアドバイス出来るように日々努力をしております。
櫻本 直人 医療コーディネーター
がんが確定した時に様々な不安や疑問で胸が張り裂ける思いをされたりすると存じます。 どんな些細なことでも気にされず、お話をお聞かせ下さい。 私は落ちついた感じで話しをするタイプで、よく周りの人間に話しやすいと言われます。 また、コーディネーターの中では若いですが、ガッツと探求心を武器にご相談内容をしっかりとお聞きし、知識が至らない部分は必ず調べ上げ、皆さまにとってプラスになるご提案ができるように日々努めて参ります。 たった一回のお電話ではなく最後までお付き合いをさせていただきたく所存でございます。 どうぞ宜しくお願い申し上げます。
泉岡 省吾 医療コーディネーター
がんのという病は多種多様。 同じ部位のがんであっても人により様々な症状の現れ方を致します。 ある方は手術や放射線、抗がん剤治療で劇的に効果があり、快方に向かわれる方もいらっしゃれば、先程の方と全く同じ治療を受けられたにも関わらず病期が進行されてしまう方もいらっしゃいます。 患者様お一人毎に、最適な治療方法必要であり、場合によっては保険適用されていない先進医療、及び、先端医療も含め、様々な治療法から成る「集学的治療」を考えることも重要だと考えています。 がんの種類や病期には関係なく、あらゆる治療方法の中から、最適な治療プランをご提案させて頂く事で少しでもお役に立てればと思います。

インターネット予約も24時間受付

何度お電話を頂いても無料でご対応させて頂きます

東京
大阪
相談予約は夜間休日も24時間365日受付
がんメディカルサービス

インターネット予約・相談

Copyright © 2016 GMS Co,.Ltd All rights reserved.

フリーダイヤル 24時間有人受付

0120-309-332

東京本社 ​東京都江東区青海2-7-4

     the SOHO 12F

相談受付 ​東京都江東区有明3-7-26

     有明フロンティアビルB棟9F

個人情報保護について

ページ上部へ戻る

当サイトではジオトラストにより認証されています。お客さまの個人情報など保護が必要なデータを安全にやりとりするため、 SSL(Secure Socket Layer)を利用した暗号化通信を使用しています。当サイトのウェブサーバとお客さまがお使いのブラウザ間の情報はSSL技術を使って保護されています。